不動産コンサルティングマスターの軌跡

/不動産コンサルティングマスターの軌跡

祝 開店!!「ファミリーマート板橋ハッピーロード大山店」

12月に入って、忘年会シーズンが始まりました。 夜の街はほろ酔い気分の忘年会客で賑わっているようですね。 今週2回、来週も2回と忘年会スケジュールが入り、年の瀬を感じます。 呑みすぎ食べ過ぎには注意して年末を乗り切りたいですね。

「袋地・囲繞地・借地・底地」の権利調整と有効活用

12月1日、今日から師走 毎年のことながら、もう今年も後一か月・・・ あっという間の一年ですよね。 今年の流行語大賞は、 「神ってる」 に決まり、 広島カープファンは大喜びでしょう

「建築協力金の定めのある建物賃貸借契約」その2

大気の不安定な空模様で、曇り空から太陽が顔を出したり、突然雨が降ったりで とても蒸し暑い東京です。 今年は台風の当たり年なのか、台風が日本列島に多く上陸しています。 台風の発生場所も年々日本に近づいてきているようです。 自然災害の多い日本、十分に注意していきたいですね。

「建築協力金(保証金)の定めがある建物賃貸借契約」

台風一過の秋晴れの東京です。 今日から 9月 残暑が厳しい日々ですが、吹く風は早くも秋の気配を運んできますね。 さて、不動産投資にも様々な種類業態があります。 住居系レジデンシャル物件、事業用、一括借上げ、サブリース、事業用定期借家、等々 住居系一括借上げの問題も指摘され国交省のテコ入れが入るとか、・・・

借地・底地の同時売却

人間一人ひとりが氏名、国籍、性別、職業が違うように不動産にもそれぞれ 一件一件の特性があり、どれ一つとして同じ不動産はありません。 借地権付建物も外部の第三者から見たら、その土地が所有権か、借地権か分かりません。 弊社のある都内城北エリアの板橋区は古い住宅地でもあり、借地の家が数多くあります。  借地権付住宅が多いということはそれだけ地主さんも多いということになります。 このような背景から、借地人さんや、地主さんからの不動産に関係する相談も 当然、数多くなってきます。