8月に入りましたが、曇りがちの天気が続いている東京です。
今年の夏は猛暑が予想されていましたが、不安定な気圧配置から、曇り空が多く、蒸し暑い日々が続いています。

さて、弊社の今年度の目標の一つに“収益物件一棟取得”があります。

大手不動産会社さんはじめ、金融機関さん等にも、「何か良い収益物件があったら、買い取りますので是非ご紹介ください!」と、声をかけております。

親しい某大手不動産会社、法人営業部の S さんからは、興味深いオーナーチェンジ物件情報、・・・

  • 一棟売マンション:コンビニ+ワンルーム20戸
  • 一棟売ビル:1Fスーパー+2Fテナント
  • 一棟売マンション:サブリース期間中 ワンルーム22戸

等々、・・・とてもホットな情報を頂きます。

地元の信用金庫さんからも、

  • 駅近の土地情報
  • 売却相談中の収益物件情報

等々、未公開情報を頂戴しているのですが、いずれも、表面利回りが低かったり、業者さんの転売物件で出し値が高かったり、と、飛びつく程の物件ではありませんでした。

弊社では、既に

  • 一戸建貸家
  • 木造アパート 2棟
  • RC造一棟マンション 2棟
  • テナントビル 1棟

を保有しております。

賃料収入の稼働率、入居者さんの回転率、空室期間、等々を考慮しますと、住居系収益物件より、商業系収益物件の方が賃料も高く、契約更新を重ねて長期間にわたり借りて頂けます。

少子高齢化の社会情勢も考慮し、長期的展望から分析すると、住居系収益物件より、商業系収益物件の方が堅実な不動産投資かも知れませんね。

そんな折、手ごろな商業ビルの情報が、・・・・・・。

売却決定までには、もう少し時間がかかりそうで、不確定要素もあるようですが、ストライクゾーンのマル秘情報です。

「“商業ビル”買う・・・買わない・・・!?」

「もちろん、売りに出たら、すぐに買わせて頂きますよ!!」