昨日から降り始めた冷たい雨が、今日もシトシトと降り続いている東京です。日中の気温9℃と一雨ごとに気温が下がり、秋から冬への季節の移り変わりを感じます。

11月(霜月)
11月の花は山茶花

141126-01

秋から冬への山茶花の咲くころに降り続ける雨を冬から春へ菜の花の咲くころの「菜種梅雨」に対して『山茶花梅雨(さざんかつゆ)』というそうです。
ロマンチックな言葉の響きですね。

141126-02

気がつけば、今年も残すところ後一ヶ月、・・・毎年のことながら、アッと言う間の一年です。
トラック競技に例えれば、第三コーナーを回って、最後の直線で追い込みラストスパートをかけるシーンでしょうか。

山茶花梅雨に濡れた枯れ葉が歩道一面に広がっていました。

141126-03

枯れ葉の歩道を歩いていると、
【百里の道は九十九里をもって半ばとす】
という諺を思い出しました。
現在進行中の、再開発案件『○○○計画』プロジェクト、「最後まで気を抜かないで、しっかりとやりなさい。」と、山茶花梅雨に打たれた枯れ葉が諭してくれているような、そんな午後の、区役所調査からの帰り道でした。

ゴールは目前、さぁ 頑張って行こう!!