朝から気持ちよく晴れ上がり、雲一つない東京の空です。
爽やかな五月晴れですね。

さて、先日、ユネスコの諮問機関から、「明治日本の産業革命遺産」が、
“世界遺産”への登録勧告を受けましたね。

その構成資産の一つ、 『軍艦島』 が何かと取沙汰されています。
どこかの国のクレーム問題はさて置き、
昨年10月に観光で『軍艦島』に上陸できた者としては嬉しい話題でした。

150521-01

端島  南北:約480m  東西:約160m  周囲:約1,200m   面積:約63,000m2

外観が、旧日本海軍の軍艦 「土佐」 に似ていることから
『軍艦島』 と呼ばれるようになったそうです。

150521-02

端島では、1810 年頃に石炭が発見され、当時の佐賀藩が採炭を行っていたそうです。
1890 年に三菱合資会社の経営となり、
石炭エネルギーが明治時代の産業革命に拍車をかけ、
海底炭鉱鉱区領域はどんどん広がり、
護岸堤防の拡張を繰り返し、現在の島の形状になったようです。

150521-03

高潮荒波に、船があおられながらも、やっと上陸

端島では出炭量が増加が増加するにつれ、人口も増加し、
学校や病院、商店、映画館、パチンコホール等の娯楽施設も造られていったようです。

最盛期には、5300人もの人々が住み、
人口密度は当時の東京の9倍だったとか、・・・

150521-04

(中程の建物が 30号棟)

30号棟は1916年に建設され、地下1階 地上7階建 の鉄筋コンクリート造で
日本で最初のマンションと言われています。
東京表参道の同潤会アパートより、10年も前に建設されていたようです。

150521-05

(赤レンガ造りの 総合事務所)

赤レンガ造りの建物、鉱山の中心的な建物で、
総合事務所と、トンネルを掘って海底から採炭する作業員達のため、
「大浴場施設」があった建物。
大浴場のお湯は鉱員達の炭でいつも真っ黒だったそうです。

端島で採炭し精選された石炭は、

150521-06

写真右側のベルトコンベアーによって貯炭場に蓄えられ、
石炭運搬船に積み込まれ端島から輸送されて行ったようです。
今では、ベルトコンベアーの支柱が当時の栄華を物語っています。

明治日本の産業革命遺産としての構成要因には、
端島の「護岸技術」があるようです。

高潮荒波の海中で、よくこれだけ立派な護岸工事をしたものだと感心しました。

150521-07

軍艦島の施設保存工事には、160億円の費用と
高度な修復技術が必要だそうです。
台風や東シナ海からの高潮荒波にさらされながらも
尚、今に明治日本の産業革命の勢いと、
その歴史を伝えてくれる『軍艦島』

諸外国への ODA による資金技術援助も良いけれど、
そろそろ、日本国の歴史保存のために
資金や技術を使う時がやって来たのではないでしょうか