梅雨前線の湿った空気の影響で、雨が降ったり止んだりと湿度の高い東京です。今年の関東地方は降雨量が少なく水不足も懸念されそうだとか、・・・今の内から、節水を心掛けたいですね。

さて、今週27日の日本経済新聞に、預金が地方から東京へ一極集中しているという記事がありました。そう言えば、あの「三菱東京UFJ銀行」が、2018年4月を目途に『三菱UFJ銀行』 に名称を変えるようですね。

  • 1996年 旧三菱銀行と、旧東京銀行が合併
  • 2002年 旧三和銀行と、旧東海銀行が合併 UFJ銀行が経営統合
  • 2006年 三菱東京UFJ銀行となった

経営統合するたびに長くなった銀行名から、「東京」が消えるようですが、日本全体の預金は、東京への一極集中が鮮明になってきているようです。

日本経済新聞より引用

●東京都の銀行預金 254兆円 2017年3月時点

なんと、1年前から12.7%増加している

●国内銀行の預金残高 745兆円 対前年比:26.2%増加

●47都道府県で預金率の増加率が最も高かったのも東京

全体の34%に達し“預金の東京一極集中”が鮮明になった。

日経新聞より抜粋引用

背景には、高齢化が進む地方からの 遺産相続 に伴う預金シフトがあるようです。東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県には、日本人口の約四分の一が住んでいます。預金も人口と共に、東京へ一極集中 してきているようですね。

それに加え、見逃せないのが「タンス預金の増加」第一生命経済研究所によると、タンス預金がここ3年で三割増加し、43兆円あるという。

政府日銀のマイナス金利政策・相続税の増税等とばかり言えない、日本人の根強い“防衛心理”も大きいようですね。

金融資産は 65歳以上の高齢者が半分以上を保有しているという。団塊の世代が、75歳以上になる2025年には、多くの地方が預金減少に見舞われ、お金の流動性も低下し、地銀再編も加速するだろう、との見方もあるようです。地方銀行では預金の流失阻止のため高めの金利設定や、地方の特産物を贈ったりと、「ふるさと納税」ならぬ、“ふるさと預金”が誕生する日もあり得るかも、・・・!?