台風一過の秋晴れの東京です。

今日から 9月

残暑が厳しい日々ですが、吹く風は早くも秋の気配を運んできますね。

さて、不動産投資にも様々な種類業態があります。

住居系レジデンシャル物件、事業用、一括借上げ、サブリース、事業用定期借家、等々

住居系一括借上げの問題も指摘され国交省のテコ入れが入るとか、・・・

人口減少傾向にもあり、、事業用物件の不動産投資が人気を呼んでいますね。

弊社クライアント: T 様もその一人で、

既に一棟賃貸マンション、商業ビル、商業施設等のオーナーさんです。

以前から空き地の有効活用のご相談を受けていましたが、

昨日、土地有効活用の話がまとまり、無事契約が完了しました。

契約内容は表題の通り、

「建築協力金(保証金)の定めのある建物賃貸借契約」でした。

現況更地の状態で、テナントさんのニーズに合わせた建物を建設し、

その建物をテナントさんが 15~20年の定期賃貸借契約で借り上げるという契約です。

建物建設工事代金相当額、又はその一部金額をテナントさんから

「建築協力金(保証金)」名目でオーナーに預託する契約です。

都内屈指のアーケード商店街 ハッピーロード大山

都内屈指のアーケード商店街 ハッピーロード大山

賃貸借の目的となる建物が建っていないので

  1. 賃貸借の予約契約
  2. 賃貸借の本契約

を同時に締結します。

貸主、借主協力して、地盤調査 ⇒ 建築確認取得 ⇒ 工事着工 ⇒

竣工 ⇒ 検査済証取得 ⇒ 開店 という運びになります。

テナントは開店日に「建築協力金(保証金)」をオーナーに支払い

オーナーは工事代金を建設業者に支払う方式です。

オーナーは建物を自己名義で表示登記、所有権保存登記を済ませて

本契約に移行します。

老若男女問わず、毎日大勢の買い物客でごった返しています。

老若男女問わず、毎日大勢の買い物客でごった返しています。

「建築協力金(保証金)」は建物賃貸借契約終了時に一括返済する方法もありますが

多くの場合は、テナントから毎月支払われる賃料から差引いて返済する方法です。

テナントから中途解約を申し出た場合は、

オーナーの建築協力金(保証金)は返済義務はナシという条項もありますから安心です。

【例】

  • 建物建設工事代金:3960万円
  • 賃貸借期間:15年(180ヶ月)
  • 建築協力金(保証金):3960万円
  • 月額賃料:100万円

という場合、

  • 建築協力金(保証金)÷契約期間月数
    3960万円÷180ヶ月=22万円(毎月の返済額)
  • 毎月の賃料-建築協力金(保証金)月賦返済額=オーナーの手取家賃
    100万円-22万円=78万円

となります。

オーナーさんのメリットとしては、

建物建設工事代金を準備(銀行借入れ)する必要もなく、

土地の有効活用としては最良の方法といえるでしょう。

弊社保有物件 トレジャリィ大山

弊社保有物件 トレジャリィ大山

建築協力金(保証金)は無利息で、家賃からの差引きですから

銀行借入して、土地建物に抵当権設定登記をする必要もなく、

借入金の利息を支払う必要もありません。

テナントのオープンは 12月の予定です。

今から、オープンが待ち遠しいですね。