12月に入って、忘年会シーズンが始まりました。

夜の街はほろ酔い気分の忘年会客で賑わっているようですね。

今週2回、来週も2回と忘年会スケジュールが入り、年の瀬を感じます。

呑みすぎ食べ過ぎには注意して年末を乗り切りたいですね。

土地有効活用のご相談を受けていた弊社クライアント: T 様がオーナーの

「ファミリーマート板橋ハッピーロード大山店」 が12月6日 AM 0:00 に

オープンしました。

T 様は地元商店街の名士でもあり、テナントの業種には気を配っておられましたが

商談が煮詰まって 「建築協力金の定めのある建物賃貸借契約」 を締結したのが

8月下旬でした。

当ブログ 関連記事 「建築協力金の定めのある建物賃貸借契約」 その2

それから、地盤調査、建築確認取得、地鎮祭、工事着工、・・・・・ と、

順調に進み開店の運びとなりました。

コンビニ業界に詳しい方でしたら良く分かっていることですが、

今年9月1日、ファミリーマートがユニーグループのサークルKサンクスと

経営統合する直前でした。

ファミリーマート店舗開発部の Y さんも出店に対し積極的で強気でした。

コンビニ業界トップのセブンイレブン、

2位 ローソン、3位 ファミリーマート、4位 ミニストップ ・・・・・・

業界3位と4位が経営統合して、2位のローソンを追い越し、

1位のセブンイレブンの独走を阻止する勢いです。

サークルKサンクスの店舗は2019年2月までに順次、ファミリーマートに看板を

変えて行くそうです。

コンビニ店舗の業態にも変化の兆しが見られ、

“イートインスペース” を充実させ、

挽きたてのコーヒー、個性豊かなドーナツ、ファミマプレミアムチキン、本格ラーメン、

コシと弾力が自慢の本格パスタ、パンにも具材にもこだわったサンドイッチ、

お弁当等々が食べられるスペースと客席 20席を用意してあります。

今やコンビニも、

喫茶店、ドーナツ屋さん、〇〇チキンさん、レストランの機能を兼ね備える

時代になりましたね。

伊藤忠商事の支援を受け、商品開発の強化にも取り組んでいるとの事です。

24時間営業、365日年中無休、ATM、各種公共料金窓口の取扱等の生活に

便利なサービスに加え、お食事イートインスペースの設置、と

コンビニも進化しています。

フランチャイジーさんもお近くの方でファミリーマートを経営されているお方とか、

本当に良かったですね。

オーナーの T 様も自己資金・銀行借入れをせず、

建築協力金で立派な店舗ができたと大喜びでした。

土地を所有しているオーナーさんの

土地有効活用、不動産投資において、

建物建築計画、

テナント入居者さんの業種の選定、

賃貸借契約の種類は

不動産投資の成否分ける重要なポイントです。

オーナー T 様に 「建築協力金の定めのある建物賃貸借契約」 をご提案でき、

無事、「ファミリーマート板橋ハッピーロード大山店」 がオープンして

一安心しております。

「 T 様、おめでとうございます。」