熊本地震、16日午前1:25 震度6強が観測され

14日の震度7の地震は前震、今日の地震が本震と気象庁が発表

これには驚きました。

震度6クラスの余震が相次ぎ、予断を許さない状況です。

常日頃から十分に注意しておきましょう。

熊本地震でお亡くなりになられた方々のご冥福と、

震災にあわれた方々のに心からお見舞いを申し上げます。

さて、四月も半ばに入り、

ロードサイドのツツジも鮮やかなピンクの花を咲かせ始めました。

160416-01

表題の件ですが、弊社クライアント: K 様から

「一棟アパート、一棟マンション等のレジデンス物件より、

 ロードサイド店舗等の事業用オーナーチェンジ物件を探して欲しい、・・・・・」

と、昨年来より依頼を受けておりました。

某デベロッパーの知人に話を持ちかけていたところ、

“情報取扱要注意” の川上の物件情報を頂きました。

早速、現地調査へ、・・・・・

160416-02

最近、目立って増えてきているのが、ロードサイドコンビニ店ですね。

主要幹線道路よりも、生活道路沿いに多く見られます。

駅近コンビニ店よりも、広い敷地の駐車場付コンビニ店の方が

人気もあり、売上も多いようです。

車での不特定多数の利用者に加え、

付近の住民の方々が固定客として利用しますからね。

160416-03

ちょっとした食料品や飲料類等をはじめ、生活関連用品、薬品化粧品類まで

品揃えが豊富で、しかも 24時間営業

本当に便利ですよね~ (^∇^)♪

その上、各種公共料金の窓口、金融機関の窓口機能もあり

多忙な方々や独身者には必要不可欠なコンビニですね。

160416-04

ロードサイド店舗の場合、

◆ オーナーが土地を貸して、テナントが建物を建設する

『事業用定期借地』 の土地権利形態

◆ オーナーの土地にオーナーが建物を建設し、テナントに貸す

『定期建物賃貸借』 の使用貸借の形態があります。

どちらにしても公共性機能の高いコンビニ店

少子高齢社会の現在、住居系レジ物件より

手堅い不動産投資と言えますね。

160416-05

一言で、不動産投資 と言っても、

対象物件は多種多様です。

あくまでも、自己の責任負担において

堅実な不動産投資をしましょう。