東京では3月21日に “サクラ開花宣言” が発表されて十日余り、寒の戻りで真冬並みの天候もあって咲き始めたサクラの木と、まだこれからのサクラの木と五分五分でしょうか。満開の見ごろは来週のようですね。


肌寒い曇り空でサクラも縮んでいますね。

さて、

弊社社有物件 No.2 「ゴールドトレジャリィ」の長期修繕計画に基づく大規模修繕工事ですが、見積りを依頼していた業者さんから、
「足場を掛けるのに隣接の家々に挨拶とお願いをして回っているが、裏側のお宅が何回行っても留守で会えない。」
「隣の土地を借りないと足場が組めないんだが、・・・?」

町会費を毎年払っているので、会計担当者さんに聞いてみるとご主人が、4~5年前にお亡くなりになってから空き家になっているようです。実は、弊社社有物件の裏側隣接地は、里道(りどう)と水路で、今では利用されておらず道路法、河川法の適用、準用を受けない細長い土地で『法定外公共用財産』であり、用途廃止払下げのできる空き地でした。

旧公図では、里道は赤色で塗られ 赤道・赤線  水路は青色で塗られ青線と言われていたようです。

建築確認申請時の配置図

10年ほど前、隣の空き地に建売住宅が建築される時に土地境界の立ち合いでお会いしたことはあったのだが、・・・。

「ゴールドトレジャリィ」のファイルを見ると当時の記録資料、メモがありました。

~ 2008.7.1(火) 葛飾区役所 道路管理課 ○○さんより 電話あり~

  • 社有物件隣接の水路敷、認定外道路部分を国より葛飾区が払下げを受ける予定
  • その後、払下げが可能である
  • 具体的には来年度以降

連絡先の部署、係、電話番号、担当者名をメモして残しておいたのが良かった

左側が弊社社有物件『法定外公共用財産』里道と水路

さっそく電話してみると、当時の担当者は他の部署へ変わっているが、『法定外公共用財産』 払下げの説明をするので来庁してください、との事でした。

担当者さんの説明だと、払下げが確定すろまで、概ね3ヶ月位かかるそうです。その他に、土地の測量代、分筆費用、隣接地・対抗地(向い側)所有者さんとの協議、等々を負担して払下げを受けることになる、との事でした。

将来のことを考えて払下げ申請をすることにしました。

今、国会や、テレビ、新聞等、各メディアがこぞって「森◆学園の国有地払下げ問題」を取り上げています。本件は比較にならないほどの狭小地ですが、無事、払下げを受けられるか気懸かりですね。

神風が吹いてくれることを願うばかりです(笑)