謹んで新春のお慶びを申し上げます。

新年の恒例行事である 「正月ご祈祷」 に行ってまいりました。毎年、ご祈祷をお願いしているのは、赤坂にある 豊川稲荷東京別院 です。

1月4日 午前9時前に着いたのですが、ご祈祷受付所は大混雑でした。
スタッフ全員で、「商売繁盛」 「社中安全」 「営業繁栄」 を祈念し、ご祈祷をお願いしました。

年の初め、新たな気持ちでご祈祷を受けると、身も心も引き締まり、今年も頑張って行こう、と新たな意欲がわいてきます。


豊川稲荷東京別院本殿

広い境内には、開基大岡越前守忠相公御廟、豊川招福利生大黒天、弁財天、融通稲荷尊天、七福神、等々が祀られています。


豊川稲荷千本のぼり

願いの叶ったお礼として、また家内安全・商売繁盛・交通安全・心願成就と、それぞれの願いをこめたのぼりが、奥の院一帯の参道両側に奉納されています。

その後、地元の氏神様 氷川神社へ、

ここでは、お客様とバッタリ、弊社同様に会社ぐるみで初詣に来ているとの事でした。

ここでも、「商売繁盛」 「社中安全」 「営業繁栄」 の正月ご祈祷を受け、顔馴染みの神主さんから、新春のお慶びの言葉とお屠蘇を頂きました。

今年は新年早々から、ご挨拶に来社されるお客様が多いようです。
ゼネコン系マンションデべさん、上場系デべさん、電鉄系デべさん、・・・・・
各用地仕入担当者の皆さん、異口同音に、

  • 「分譲マンション用地は物件も少なく、土地値が高騰しており、建設費も高くて採算が合わない。」
  • 「今年は “EVナシ 4階建収益物件” に力を入れていきます。」
  • 「建築コストも抑えられ、工事期間も短かいのでそれなりのメリットがあります。」

各デべさん、新築分譲マンションの販売不振を、ニッチな“EVナシ4階建収益物件”で売上げカバーしようとしているようです。

どうやら、今年の不動産投資市場の主流は、“EVナシ4階建収益物件”になりそうですね。

2018年戌年

今年もより幸多き年となりますように祈念しています。