ゴールデンウィークも終わり、家庭サービスから解放されて今日から仕事モード、という方も多いのではないでしょうか。

今年のGWはどこに行っても大混雑でしたね。

さて、弊社保有ビル No,7;トレジャリィ遊座大山の大規模改修工事ですが、友人の一級建築士Mさんの監修のもと、各工事協力会社さん達のご尽力のおかげで順調に進んでおります。
大勢の職人さん達の意気の合った作業で屋上のキュービクル撤去作業も無事終わり、撤去後の養生も終えてスッキリしました。


屋上キュービクル撤去の跡

道路占用使用許可を受けて、

足場仮設工事も架け終え、近隣の皆様にご迷惑をお掛けしながらも、ご理解とご協力をお願いして順調に進んでおります。

1階のテナントさんにも、御覧の通りご迷惑をお掛けしております。m(_ _ )m

テナントが退去した2階も、

思い切ってスケルトン状態にして、ミニキッチン、WC、洗面台等の水回りから、業務用エアコン空調機の取り換え、・・・自動ドアの点検修理、部品取替え工事、勿論、照明器具も LED に全取換えです。

空いていた地下店舗も、

ご覧の通り、スケルトン状態にして、換気口、給排気口の増設工事、・・・この階でも自動ドアの点検修理、部品取替え工事、ミニキッチン新設、WC改良新設工事、業務用エアコン空調機の取換え工事、全照明器具のLEDへの取換え交換工事、何から何までスケルトン状態にして、新設工事を行っています。

そんな中、一級建築士Mさんが、・・・
「地下室に、NTTさんの『配線中継ボックス』がある。」

正面左側の黒い正方形の箱

「この配線ボックスは NTTさんでないと撤去工事ができないから、『支障移転申込書兼確約書』を提出して、3~4週間で撤去工事見積書が出て、撤去工事は更にその先3~4週間位かかりそうだ。」

「いや~、参ったなぁ~(。>0<。) 」

「五月いっぱいで工事終了の予定だったのに、・・・(ノ◇≦。)」

屋上キュービクルのPCB含有問題と撤去作業が、やっと終わったと思ったら、次は、NTT さんの通信施設の支障の問題が出てきました。
一棟収益ビルの改修工事の工期が、NTT さん次第となってしまいました。

“一難去ってまた一難”

どうやら、このビルを建てた元オーナーさんが、1階店舗と、地下の食品倉庫とを、NTT さんの電話回線で繋いでいた産物のようです。

不動産投資では、物件一件一件ごとに状況がすべて異なっております。

各物件の、接道状況、各種インフラ設備埋設管、隣接地との境界、等々・・・
各建物の種類、構造、築年数、設備、配線、配管、等々・・・・
全てが一物件ごとに違います。

不測の事態に備えて、改修工事期間や工事予算にも余裕をもって計画しておくのが良いですね。

現在の 1階テナントさんと、新しい地下のテナントさんと、各インフラはしっかり区別して、分けておくのがビルオーナーの仕事です。

この際、時間がかかっても、工事費用が掛かっても、キテナントさんのためにキッチリと各階ごとに各インフラを整備して置こうと決めました。