九月も半ばとなり、厳しい残暑と偲び寄る秋の気配が交差する日が続いています。敬老の日の三連休は、台風18号が日本列島を縦断する天気予報で進路が気になりますね。

さて、常日頃から何かとお世話になっている西京信用金庫さんの第36回SECトップセミナーに参加させて頂きました。

  • 開催日時:平成29年9月15日(金)午後3時30分 ~ 午後7時00分
  • 会場:『ハイアットリージェンシー東京』
  • 講演会会場 地下1階 「センチュリールーム」
  • 懇親会会場 地下1階 「桃山」
  • 開会の挨拶:西京信金 理事長 北村 啓介 氏

講演会

  • 演題:『歴史から学ぶリーダーの資質』
  • 講師:童門 冬二 氏

明治維新、近代国家を目指す日本の歴史背景と、活躍した歴史上の人物を解りやすくユーモラスに解説して戴けました。
時代背景を現代社会に置き換えて、
『グローカル化』
・地方人であれ
・日本国民であれ
・国際人であれ

三つの考え方・人格を持ち、その観点から “論語と算盤” を例に出し近代日本経済の基礎を築いた 渋沢栄一 の考え方とその功績を現代風に興味深く講演してくださいました。

懇親会

西京信金さんの各支店ごとにテーブルを囲んで、
和気あいあいと談笑や情報交換の話題が、・・・・・  ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

懇親会でも話題になったのが、渋沢栄一の “論語と算盤”

日本で初めての銀行 「第一国立銀行」 の頭取になった 渋沢栄一
その時、全職員に読ませた本が “論語” だったそうです。

論語 = 倫理 と、 算盤 = 利益 を両立させて、経営を発展させる、という考え方からだったようです。
利益追求ばかりでなく、人を尊重する倫理こそ重要だと説いたそうです。

日銀のゼロ金利 ~ マイナス金利政策が続き、金融機関による過剰なまでの収益不動産への融資、アパートマンションビルダーによる供給物件過剰の収益不動産市場、渋沢栄一は、この現在の社会問題をどう見ているのだろうか、・・・!?

そんな事を話し合いながら帰路に就いた秋の夜長でした。