空に雲ひとつない秋晴れの東京です。秋といえば旅行シーズンでもありますね。

10月21日(火)~10月23日(木)と、日頃からお世話になっている東京信用金庫さんの旅行に参加し2泊3日の旅を楽しんできました。
第1回目は「長崎平和記念公園」です。

10月21日(火)6時30分 羽田国際空港到着

141024-01

搭乗口 7番ゲート

141024-02

JAL1841便 羽田空港7時25分→長崎空港9時20分

バスで長崎平和記念公園へ

青銅の『平和記念像』
製作者 彫刻家 北村西望氏(長崎出身)

141024-03

天を指した右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、閉じた瞼は原爆犠牲者の冥福を祈る、という想いが込められているようです。毎年8月9日の平和記念式典は有名です。

「長崎の鐘」

141024-04

被爆者は喉がカラカラに渇いて「水をくれ・・・」「水をくれ・・・・・」と言いながら亡くなっていった方々が多かったようです。「被爆者の霊にお水をあげてお祈りしてください。」

「諸国民友好の像」(ドイツ民主共和国からの寄贈)

141024-05

平和と人類の幸せな未来、そして全世界諸国民友好を求める努力を象徴する像

「平和の泉」

141024-06

水を求めて、うめきながら死んでいった被爆者の霊に水を捧げてご冥福を祈り、世界の恒久平和を祈念するため「平和の泉」が造られた。噴水の形は平和のシンボル『鳩』の飛び立つ羽の形をイメージしているそうです。

長崎平和記念公園を訪れて、あらためて世界平和への願いを感じさせられました。

次回は『眼鏡橋・ちゃんぽん』の予定です。