雲一つない青空、五月晴れの東京です。

空気もカラッとして気持ち良い天気が続いています。

先日、物件現地調査に行ったついでに

ぶらりと谷中ぎんざ商店街を久しぶりに散策しました。

不動産業者にとって、物件現地調査ついでに近くの街並みや

商店街を見学する事もエリア調査と話題づくりには欠かせません。

台東区のよみせ通り商店街から、谷中ぎんざ商店街へ、・・・・・

160523-01

古き良き昭和の面影を残したレトロな商店街、谷中ぎんざ

平日だと言うのに観光客で溢れかえっていました。

ふと、見上げると

160523-02

「ニャーゴ」と今にも鳴き出しそうな猫

一瞬、本物と間違えそうになりました(笑)

160523-03

昔ながらのユニークな個人商店がひしめく谷中ぎんざ

それぞれのお店には個性的な飾りつけがあり

行き交う人々の心をとらえているようです。

160523-04

招き猫の表情が微笑ましいですね♪

全長約170 m 程の通りには個性豊かなお店が約170店舗

下町情緒溢れるお店の数々には物珍しさがいっぱいです。

外国人観光客も ノ~ンビリと、

160523-05

店先の椅子に腰かけて何やらほおばっていました。

ちょっと小腹がすいたところに お蕎麦屋さんが、

160523-06

お店の名物 「谷中天せいろ」(季節限定)

160523-07

腰のあるお蕎麦の味も格別でしたが、

揚げたての谷中生姜の香りが食欲をそそります。

大きな海老天は、プリッ プリッの歯ごたえでとても美味しかったですよ

食後のコーヒーと思ったのですが

160523-08

自家焙煎珈琲 Cafe 満満堂さん

あいにく空席はありませんでした。

飾りっ気のない下町の人情と、レトロな情緒あふれる商店街

外国人観光客の姿が多く目につきます。

160523-09

とても綺麗な夕焼けが眺められると言う人気スポット

夕やけ だんだん

160523-10

昨年度、来日外国人観光客数が 2000万人を突破し

新たに 3000万人を目標と掲げた日本

古き良き時代の 人情と 下町の風情を 大切にして

後世に引き継いでほしいですね。

仕事の合間の道草でしたが

忘れかけていた日本の伝統文化の良さを再認識させられました。

マニュアル化された業務より

気さくな下町情緒あふれる “おもてなし” の心が

求められているんでしょうね。